陥入爪(かんにゅうそう)について

爪の角がその周囲の皮膚組織に食い込んで、炎症を起こして腫れて赤くなり痛みを伴うようになる病気です。

ときには、爪の先が食い込んだ部分を中心に、出血しやすい肉芽を伴っていることもあります。

親指に起きやすい病気ですが、他の爪にも生じることがあります。

巻き爪は原因が別の病気ですが、陥入爪と巻き爪が合併することもあります。

陥入爪の原因は爪の切り方が不適切なために起こります。爪甲の角を短く切るのが原因です。

陥入爪になると多くの人は、痛みを和らげるために、角をさらに短く切るという方がいますがより悪化してしまうことが多いです。

〇主な原因〇

深爪や、合わない靴を履き続けることによる圧迫が原因のことが多いです。

〇治療方法〇

・抗生剤内服や外用

患部の炎症を抑えます

・テーピング療法

患部の皮膚に強力テープにて固定し、食い込んでいる肉の部分を引っ張ります

・液体窒素による冷凍凝固術

陥入爪に伴う肉芽に対する治療として行います

kid_job_girl_kangoshi

2018年10月25日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ページのTOPへ移動します。