掌蹠膿疱症④

今回は掌蹠膿疱症の日常生活で気を付けること、Q&Aについてご紹介します。

 

 

日常生活で気を付けること

 

・禁煙をする掌蹠膿疱症の患者さんには喫煙者が多いことから、掌蹠膿疱症と喫煙は何らかの関係があると考えられています。健康のためにも禁煙しましょう。

・うがいを心がける…掌蹠膿疱症はかぜや扁桃炎がきっかけとなって発症することがあります。かぜなどをひかないよう日頃からうがいをするようにしましょう。

 

 

 

Q&A

 

Q1.掌蹠膿疱症は治るのか?

A.患者さんによって異なりますが、多くは平均3~7年で軽快すると言われています。早く治すためにはしっかりと治療を行うことが大切です。

 

Q2.膿疱の中に菌はいますか?

A.掌蹠膿疱症の膿疱は、無菌性膿疱と呼ばれており、その中に菌はいません。したがって、手足から体のほかの部位に感染することはありません。しかし、膿疱の中身を出そうとして針や爪楊枝でつくと、二次的に細菌が増え、腫れて痛くなることがありますので、注意して下さい。

 

Q3.何歳ぐらいで発症することが多いですか?

A.統計によると、掌蹠膿疱症は4050歳代に発症のピークがありますが、2030歳代に発症することも多いです。

 

次回も引き続きQ&Aについての内容になります。掌蹠膿疱症にご興味を持たれた方や、現れている症状が掌蹠膿疱症なのではないかと気になる方はお気軽に世田谷駅前皮フ科にご来院ください。世田谷駅直結で平日であれば5分程でご案内できます。(土日や処置などで混みあっている場合は15分前後でのご案内になります。)

 

 

2018年11月26日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ページのTOPへ移動します。