しもやけ

日照時間が徐々に少なくなり肌寒い日が多くなりました。

本日は冬に多い凍瘡についてお話したいと思います。

○どうして「しもやけ」になってしまうの?○

「しもやけ」は医療用語で凍瘡といいます。冬期間に気温が4~5度で一日の気温の差が10度以上になると、しもやけを起こしやすくなると言われています。冷たい外気にさらされた後、血行の悪くなりやすい場所、手足の指先耳たぶなどに症状が出ます。皮膚が赤く腫れあがり、ひどい時には水ぶくれを起こすこともあります。かゆみを伴い、入浴などによりかゆみが強くなることも特徴です。子供に多い病気ですが、女性では大人になっても繰り返す人もいます。

しもやけの原因は、もちろん冷たい空気に曝されることですが、同じように寒気に当たっても、しもやけを起こしやすい人と起こしにくい人がいることが知られています。つまり、冷気に曝された後の血流の障害の程度とそこからの回復には遺伝的な要素などがあり、しもやけになりやすい体質の人と、なりにくい体質の人がいると考えられています。

○どのような治療をするの?○

しもやけの治療には、ビタミンEの塗り薬が使われます。症状が強い場合や、広範囲にわたる場合、毎冬のようにしもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効です。しかし、しもやけの場合には予防が最も重要です。

○予防は方法は?○

 しもやけになりやすい人は、冬に外出する時には、手袋マスク耳当て帽子などの防寒具でしっかりと冷気を避けるように気をつけて下さい

 

しもやけに関して、一つ注意しておきたいことがあります。若い女性に多いエリテマトーデスという病気があり、しもやけと良く似た皮膚症状を示すことがあります。エリテマトーデスは、皮膚症状の他にも様々な内臓の症状を伴うことがあり、皮膚症状のみではしもやけとの区別が難しい場合もあります。血液検査などで詳しく調べることによってはっきりとしますので、しもやけを何度も繰り返したり、しもやけの症状が強い人は、一度皮膚科を受診して検査を受けることをお勧めします

2018年12月3日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ページのTOPへ移動します。