手のあかぎれについて①

〇あかぎれとは?

あかぎれは、皮膚のひび割れが悪化して腫れたり深い亀裂が生じたりする病気で、悪化すると痛みや出血の症状が現れることがあります。

乾燥や寒さなどが誘因で起こることが多いため、気温が低くて乾燥する冬に起こりやすい傾向があります。また、水仕事が多い人も皮膚の水分が失われがちなのであかぎれになりやすいです。

 

 

〇しもやけとの違い

しもやけはあかぎれと同様に冬によくみられる皮膚疾患で、原因は気温の変化による血行障害です。患部を触ると冷たく、お湯につけるとかゆみが強くなるのが特徴で、主な症状は皮膚の赤い腫れ・かゆみ・痛み・水ぶくれなどがあります。

しもやけもあかぎれも腫れや痛みがありますが、しもやけはかゆみがあり、あかぎれはひび割れがあるのが特徴です。

 

winter06

 

 

2019年1月11日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ページのTOPへ移動します。