低温やけど②

〇原因になるもの代表3つ〇

①「湯たんぽ・電気あんか」

就寝時に湯たんぽや電気あんかが足に触れたまま眠ってしまい、翌朝水ぶくれが出来てしまうケースが多いようです。

特には他の部位に比べて知覚が鈍く、皮膚のすぐ下にがあることから血管が圧迫されやすく身体が熱を分散しにくいので低温やけどになりやすいです。

②「使い捨てカイロ」

カイロをあてた場所をガードルやサポーターなどで圧迫してしまうと血流が押さえられてしまい、皮膚の温度が上がってやけどを引き起こしやすくなります。

また、靴下用カイロを靴を履かずに使用したり、他の部位に使用したりすると、思った以上に高温になる場合があり、それが原因で低温やけどが引き起こされる場合もあります。

③「電気毛布」

一晩中使用してしまうことにより低温やけどを引き起こす場合があります。

電気毛布や電気あんか等を使用する際は、寝床が暖まったら電源を切ったり温度設定を下げたりするなど注意しましょう。

2019年2月8日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:00 診療 診療   診療 診療 診療 診療
14:00~17:00 診療 診療   診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※土日の診療時間は09:30~12:30です。
※水曜・祝日休診

ページのTOPへ移動します。