イボ治療について

”手や足に固いできものがあるけれど、痛みもないしそのままでも大丈夫だろう”と放っておいているということはありませんか?それはイボかもしれません。イボはよくみられる皮膚のできもので、見た目は「タコ」や「魚の目」と似ていますが別の疾患です。誤った対処をするとかえって悪化することもあります。

 

・イボとはどんな病気?

イボにはいろいろな種類のものがあり、手や足にできやすいイボは「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」です。ヒトパピローマウイルスというウイルスが皮膚の小さな傷から侵入し、感染すると考えられています。ウイルス性なので無理に削ると他の部位にも感染が広がってしまう可能性がありますので、むやみに触らないようにしてください。

 

・どんな治療法?

1、2週間に1度のペースで約-196℃の液体窒素に浸した綿棒をイボに押し当てるという治療方法です。患部の細胞を凍結させることで壊死させ、また免疫を活発にしてウイルスをやっつけます。1度の治療は短時間で終わりますが、完治するまで数回通っていただきます。治療後、水膨れや血豆の様な状態になる場合もあります。

 

イボ治療はもちろんですが、タコや魚の目の治療も当院で行うことができます。症状に合わせた治療をいたしますのでお早めにご相談ください。

jinzouseiyuzeith2ITFY4A0kuma

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月30日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ページのTOPへ移動します。