口唇ヘルペスについて①

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで皮膚や粘膜などにぶつぶつ水ぶくれができる病気です。

単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経に潜伏し、疲れた時や発熱時など免疫が低下しているときに、ウイルスが再び活動することで再発します。

ブツブツや水ぶくれが出来る前に、唇やその周りなどで感じるピリピリ、ムズムズといった違和感はウイルスが再び活動を始めているサインです。

口唇ヘルペスの治療にはウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬の飲み薬または塗り薬を使用します。このお薬はウイルスが増殖しているときに効果を発揮しますので、症状がでたら出来るだけ早く使い始めることが重要です。お薬を使用することで、症状を軽減し、治癒までの期間を短くすることが出来ます。

お薬を使い始めても2日ほどは症状が悪化することがあります。自己判断でお薬をやめず、医師の指示通りに使用してください。

 年に3回以上繰り返している患者さまは予防処方もできます。違和感が出たらすぐに内服できよう携帯しておくことが可能です。

お気軽にご相談ください。

ファムビル

 

2021年2月19日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。