夏場に多いあせもについて②

今回はあせもの症状についてお話します。

症状は主に皮膚の表面近くに汗がたまる水晶様汗疹(白いあせも)と、皮膚の深いところに汗がたまる紅色汗疹(赤いあせも)の2つのタイプがあります。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

汗管のつまりが、皮膚のごく浅い部分(角層)で起きたときに発生します。汗管が破裂するために直径数ミリの透明な水ぶくれがポツポツと現れ、ほとんどの場合でかゆみや炎症はありません。数日で水ぶくれが乾燥して、自然に目立たなくなります。赤ちゃんの顔にできやすい種類のあせもですが、大人でも発熱する病気の際に発生することもあります。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

汗管のつまりが、表皮部分で起きたときに発生します。一般的にあせもと言えば、この紅色汗疹を指す場合が多いようです。表皮部分で汗管が破裂してしまうことで、炎症が起きてかゆみや赤みのあるぶつぶつが見られます。しばしば湿疹になったり、細菌が増殖して膿が発生したりすることもあります。高温多湿の環境で汗をたくさんかいたときに現れやすく、乳幼児や肥満の人、汗かきの人に多い症状です。

あせも赤ちゃん

 

2021年8月20日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。