夏にかかりやすいとびひについて②

今回はとびひの症状についてお話していきます。

とびひには、幼児期に多い水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、幅広い年代に発症する痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2つの種類があります。

 1.水疱性膿痂疹…黄色ブドウ球菌によって起きます。幼児期に多く、梅雨~夏場にかけて保育園などで集団発生することがあります。皮膚の中で繁殖した黄色ブドウ球菌が出す毒素によって、かゆみのある小さな水ぶくれができます。水ぶくれは数日で大きくなり、簡単に潰れてジュクジュクした傷になります。水ぶくれの中の浸出液には、たくさんの黄色ブドウ球菌が含まれており、これが引っ掻き傷やバリア機能の低下した皮膚に付着して、感染が広がっていきます。

 

2.痂皮性膿痂疹…主に溶連菌によって起きます。年齢や季節を問わず、突然発症します。はじめは小さな赤い腫れが次第に痛みのある膿疱(膿の入ったできもの)になり、さらにそこへ黄色味を帯びた厚い痂疲(かさぶた)ができます。炎症が強く、患部近くのリンパ節が腫れて痛んだり、発熱や頭痛、のどの痛みなどの全身症状が出たりすることもあります。

<とびひのタイプ別の特徴>
水ぶくれタイプ(水疱性膿痂疹) かさぶたタイプ(痂皮性膿痂疹)
原因となる主な菌 黄色ブドウ球菌 A群β溶血性レンサ球菌
特徴 ・虫刺されやあせもを掻きこわすことから始まることが多い
・かゆい
・水ぶくれができ、破れてただれる
・水ぶくれの液が触れた部分に広がる
・とびひの多くはこのタイプ
・小さな膿疱が多数でき、それが破れてただれ、かさぶたができる
・患部に腫れや痛みを伴うことがある
・のどの痛みや発熱などを伴うことがある
多い季節 夏季 季節を問わない
多い年齢 赤ちゃん・幼児 年齢を問わない(大人にも起こる)

 

2021年6月18日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。