初夏に注意したい紫外線

5月に入ると紫外線がピークを迎え、8月にかけて紫外線が肌に与えるダメージはとても大きいです。
UV-Aは波長が長いため、曇りや屋内でも影響を受けやすいのが特徴です。
UV-Bは屋外での日焼けの原因となりますので、初夏には特に注意が必要です。

日焼け止めを選ぶ際には、利用するシーンや季節に応じてSPFとPA数値を選ぶと良いでしょう。
UV-Aを防ぐのはのはPA数値。+〜++++で示され、増えるほどに防御効果が高くなります。
UV-Bを防ぐのはSPF数値。1~50までの数値で示され、数値が高いほど防御効果も比例して高くなっていきます。
SPF、PA数値が高いほど紫外線への防御効果は高いですが、肌への負担も大きいため、目的にあった日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

また、初夏は皮脂や汗の分泌も増えるため、日焼け止めクリームを塗っても流れてしまうことも多いです。
朝に日焼け止めを塗ったからと油断していると、汗などで流れてしまい効果が発揮されない場合もあるので、長時間外出するときにはこまめに塗り直すことをおすすめします。

当院ではセルニュープラスのUVクリームを取り扱っております。

石鹸で落とせるタイプで敏感肌の方にもお使いいただけます。

サンプルも準備しておりますので一度お試し頂いてから購入可能です。

uv 税込み 3300円

2021年6月4日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。