蕁麻疹②

蕁麻疹の治療についてです。

 

薬物療法

第2世代の抗ヒスタミン薬が主体です。症状が出ているときはもちろん、すでに蕁麻疹が消失している場合でも、再発や悪化を予防するため内服します。抗ヒスタミン薬は眠気を誘発することがあるため、副作用の少ない薬剤が選択される場合もあります。

抗ヒスタミン薬で症状が抑えられない場合には、H2拮抗薬やステロイドなどを使用することもあります。これらの治療でもコントロールができない場合は、免疫抑制剤が使用されることもあります。

 

原因除去

再発しないよう、原因となる刺激誘因を避けるようにします。ある特定の食物や薬剤などが原因と判明すれば、これらを摂取(もしくは接触)しないようにします。

日頃から規則正しい生活、十分な休養と睡眠をとり、新鮮で添加物の少ない食事を心がけてください。

蕁麻疹がでているときは、運動や熱い風呂への入浴で症状が悪化してしまうこともあるので、涼しいところで安静にするのが大事です。また、蕁麻疹が出ているところを保冷剤や氷で冷やすと痒みが軽減することがありますのでお試しください♪

毎日同じタイミングで症状がでる、すごく痒いけど24時間以内には症状が改善するなど気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい♪

2022年5月20日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。