稗粒腫

稗粒腫は、“はいりゅうしゅ” または ”ひりゅうしゅ” と読みます。

 

稗粒腫は、皮膚の表面付近にできる直径1~2mm以内の角質が入った小さな袋です。

主に眼の周りや顔にできます。白い小さな粒で、“白いプツプツが出来た”と表現される方が多いです。

 

【原因】

①毛穴の奥にある毛包(もうほう)という袋や、皮脂をつくる腺の未発達なものに角質がたまって生じる。
②汗を出す管の再生過程で管の先端がふさがって生じる。

 

【治療方法】

当院で行う治療は、針で小さな穴を開けて圧出し、古い角質を取り出します。ただし、あまりにも小さい稗粒腫の場合は圧出が出来ないことがあります。

針を刺す時、圧出する時は個人差がありますがお痛みが多少あります。

 

稗粒腫そのものには痛みはないため、放っておいても問題はありません(^^)/
気になって取り除きたい場合や、気になる症状がございましたらお気軽にご相談ください♪

 

2022年5月27日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。