”うおのめ”と”たこ”

よく耳にする“魚の目”と“タコ”。どちらも皮膚が硬くなった状態の疾患ですが、症状には少し違いがあります。今回はこの2つについてご説明いたします!!

 

< それぞれの特徴 >
魚の目(鶏眼
真ん中に芯のようなものがあるのが特徴。皮膚内部に向かってV字形に入り込むため、歩いたりして靴や地面が患部に接触すると強い痛みを伴う場合があります。ウイルス性のイボ(尋常性疣贅)とも見分けがつきにくく、魚の目だと思って放置していたら、どんどん増えてしまったというケースも。硬い靴や、すり足などの歩き方の問題で起きやすいです。

タコ(胼胝)
患部が黄色味を帯びて盛り上がった状態になっており、芯はありません。皮膚表面に丸く突出していて、痛みを感じることも少ないです。扁平足や開帳足、サイズの合わない靴を履く事によって特定の部位にできます。

< 治療 >
どちらの症状も足の特定の部位に繰り返し刺激が入ることによってできます。患部が硬い場合、張り薬のスピール膏や塗り薬のサリチル酸を処方して、角質を柔らかくしてから削ります。1回の来院で完治する事もありますが、大きく深さがある際は何度か繰り返し治療を行う為、2週~4週に一度のペースで通院していただきます。歩き方やサイズの合った靴に変えることで軽快する場合もあります。

まずは患部の状態を確認する為にも気になるご症状がある場合は、お気軽にご相談ください♪

 

2022年7月8日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。