薬疹(やくしん)について

薬疹とは?
薬を内服したり注射したりすることにより生ずるアレルギー性の発疹のことです。

薬に対して反応するような細胞や抗体がある人(これを薬に感作された状態と呼びます)にのみ生じます。通常、薬に反応するこのような細胞や抗体が出来るのには内服を始めて1~2週間程かかるので、そこで初めて発症すると考えられています。ですから全て内服したことのない薬で(アレルギー性)薬疹を生ずることはないはずです。もし、あったとすれば、それは既にその薬と似た構造を持つ他の薬に感作されていたと考えるべきでしょう。薬疹の中でも重症の薬疹とされているものに、中毒性表皮壊死症、スティーブンス・ジョンソン症候群があります。最近、これに加えてウイルスが関与する薬剤性過敏症症候群という病態の存在が明らかになり注目を集めています。これらの重症薬疹では、原因となった薬を中止しただけで良くならず、どんどん悪化しますので、早く対応することがとりわけ重要となります。(日本皮膚科学会HPより引用)

 

< 診断方法 >
問診にて、薬剤名、投薬期間、発疹との時間的関係、アレルギー歴や既往歴などの患者様の背景をお聞きし確認いたします。

 

< 治療方法 >
1.原因薬剤が明らかならば、該当薬剤を中止します。また疑いのある薬剤も中止可能でしたら中止します。
2.ステロイド薬外用と、抗ヒスタミン薬の内服を行います。重症例はストロイドの全身投与も行います。
3.重症の薬疹の場合は、周辺の総合病院へ紹介いたします。

湿疹や薬疹は区別がつきにくいため皮膚科医の診察をおすすめします。お気軽にご相談くださいませ

 

2022年7月22日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。