疥癬②

前回に引き続き疥癬のお話です。今回は予防・日常生活での注意点完治までの流れです。

通常疥癬と角化型疥癬で予防法や完治までの流れに違いがあります。それぞれの特徴をご紹介します。

 

●予防・日常生活での注意点

・通常疥癬は長い間、肌と肌、手と手が直接触れることで、ダニが移動して感染します。少しの時間ではほとんど感染しません。まれに、疥癬の方が使用した寝具や衣類などを交換せずにすぐ他の人が使用することで感染することもあります。

ご自身での予防

・入浴の時は手足の指の間や外陰部も丁寧に洗いましょう。

・入浴時のタオルなど肌に直接ふれるものは個別で洗いましょう。

・パジャマや下着は毎日交換しましょう。

・雑魚寝や同室での就寝はうつしあうことがあります。

ご家族や接する方の予防

・疥癬の方に接する前後はきちんと手洗いをしましょう。

・長い時間、肌と肌、手と手を直接触れないよう注意しましょう。

・同室で布団を並べて寝ないようにしましょう。

・タオルなど肌に直接触れるものを一緒に使わないようにしましょう。

 

・角化型疥癬はダニが多く、感染力が強いため、短時間の接触、衣類や寝具を介した間接的な接触などでも感染します。また、剥がれ落ちたあか(カサブタ、鱗屑、角質)にも多数の生きているダニが含まれていて、それが付着することでも感染します。

ご自身での予防

・できるだけ個室を使いましょう。

・寝衣を交換しましょう。

・入浴の順番は最後にし、あかが飛び散らないよう気を付けながら、厚くなったあかをふやかして、こすり落としましょう。

ご家族や接する方の予防

・疥癬の方に接する前後はきちんと手洗いをしましょう。

・感染力が強いので、疥癬の方に接するときは手袋や予防着をつけましょう。

・疥癬の方の部屋に入る時は、靴・スリッパを履き替えましょう。靴底に付いているゴミを外に出さないように注意しましょう。

・疥癬の方の洗濯物は、50℃以上のお湯に10分間以上浸した後に洗濯して、十分乾かしましょう。乾燥機を使用する場合は普通に洗濯しても構いません。(ヒゼンダニは、人の体温がいちばん生活に適しており、人の肌から離れると長く生きられません。)

・疥癬の方の部屋はモップ、粘着シートなどで落屑を回収後、掃除機(フィルター付きが望ましい)で清掃しましょう。

・殺虫剤を布団や部屋などに噴射することは有効です。(人体への使用に対する安全性が確認されていないため避けましょう。

 

●完治まで…

しっかり治療した場合、2週間程度で症状は軽快します

通常疥癬は通常3週間~1カ月で終息しますしかし、治療内容などによって、治るまでの期間は長くなることがあります。治った後も、3カ月程度は皮膚のチェックをしましょう。

角化型疥癬は周囲の流行も含めて約2カ月で終息します高齢者では長くなることがあります。周囲の患者さんも一緒に治療して、お互いうつすことのないようにしましょう。治った後も、6カ月程度は皮膚のチェックをしましょう。

 

気になる症状や当てはまる症状がございましたら当院へのご受診をおすすめします♪

2022年9月9日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。