花粉症治療はお早めに!

まだまだ寒い日が続きますが、花粉が本格的に飛び始める季節になりました。花粉は1年を通して何らかの種類が飛散していますが、スギ花粉の舞う2月中旬から4月初旬は花粉症を発症する方が多い時期と言われています。

花粉症の主な症状は鼻水鼻づまりくしゃみ目のかゆみがあります。鼻づまりは鼻の粘膜が腫れて空気が通れなるため、鼻水は鼻に入ってきた異物を外に洗い流すためと、それぞれ身体を異物から守るためなのですが、不快な症状が発生します。また、これらの症状は風邪とよく似ているため、自己判断で間違った薬を服用すると身体に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

花粉が原因と思ったら花粉の種類を特定し、それぞれの花粉に対し抗体のレベルがどの程度なのかを知ることができるアレルギー検査はより効果的な治療を行うために有効です。少しでも思い当たる症状のある方はぜひ一度ご相談ください。自分に合った薬の服用で症状を軽減させ、つらいこの時期を上手に乗り切りましょう!!

cats3

 

2018年2月16日

皮脂欠乏性湿疹に注意しましょう!③

~日常で心がけることは?~

・保湿剤、外用剤を正しく使いましょう!保湿剤、かゆみや湿疹を抑える外用剤や、内服薬があります。指示を守り、正しく使いましょう。

・ゴシゴシ洗わない…皮脂(油分)を落とし過ぎないことが大切です。お風呂に長く入りすぎたり、ナイロンタオルなどを使ってゴシゴシ洗いすぎないようにしましょう。

・皮膚の潤いを保ちましょう…保湿剤や、ボディクリームなどで保湿を行いましょう。特にお風呂上りが効果的です。

・部屋の乾燥に注意…空気が乾燥すると皮膚の乾燥やかゆみもひどくなります。加湿器などを使って湿度を保ちましょう。

・掻かないことが大切!…掻くと症状がひどくなるので、できるだけ掻かないように努めましょう。

・刺激の少ない肌着に…皮膚を刺激するとかゆみがひどくなります。皮膚に直接触れるものは木綿など、ソフトな素材を選びましょう。

かゆみや痛みがある場合はすぐに皮膚科を受診しましょう!

thMRVCZUHL

 

 

2018年2月12日

皮脂欠乏性湿疹に注意しましょう!②

~どうして皮脂欠乏性湿疹になるのでしょうか?~

一般に皮膚のうるおい(水分量)は皮脂膜天然保湿因子角質細胞間脂質という3つの物質によって一定に保たれています。

1624_2

ところが、加齢などが原因でこれらの物質が減ってしまうと、皮膚の乾燥が進み、皮脂欠乏性湿疹になってしまいます。高齢者に多い疾患ですが、若い世代や子供では、アトピー性皮膚炎の素因がある人、身体をゴシゴシ洗いすぎるといった、生活習慣病も原因の1つと考えられています。

2018年2月9日

皮脂欠乏性湿疹に注意しましょう!

空気が乾燥する季節になると、肌が乾燥してかゆくなったり、ひび割れたりしていませんか?もしかすると、皮脂欠乏性湿疹かもしれません。赤みや湿疹を伴う皮脂欠乏性湿疹は、特に空気が乾燥する冬の時期に起こりやすいので要注意です!

〇皮脂欠乏性湿疹とは〇

乾燥性皮膚炎とも呼ばれます。皮膚のバリア機能が損なわれ、乾燥して角質がはがれてしまっている状態です。粉を吹いたように皮膚がカサカサになり、それが進行すると亀の甲らのように皮膚がひび割れ、赤みが生じ、強いかゆみや、痛みが伴います。

〇治療〇

保湿剤を塗るのが主な治療法です。皮膚科でよく処方される保湿剤には、ヒルドイド、白色ワセリン、ケラチナミン(尿素)などがあります。炎症がある場合は、ステロイドが併用されます。かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬か抗アレルギー薬の内服薬が用いられることもあります。

基本的に冬場に起こりやすい疾患です。しかし放っておくと慢性化し長期的に皮膚がカサカサしてかゆみが出るようになってしまうこともありますので、早めの対策を心がけましょう!

image11111

2018年2月5日

粉瘤(ふんりゅう)について

背中やおしりなどに長年あるおでき、特に害もないので放っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ニキビだと思っていたら実は「粉瘤(ふんりゅう)」だった、という事もよくあります。

〇粉瘤(ふんりゅう)とは〇

粉瘤(ふんりゅう)とは、皮下にできる良性腫瘍(できもの・おでき)の1種で、アテロームまたはアテローマとも呼ばれます。珍しい腫瘍(できもの)ではなく、一般的な皮膚にできる腫瘍で、癌のような悪性のものではありません。老廃物の塊で、皮膚の下にできた袋状のものに外側から剥がれ落ちた垢などが溜まったものです。

IMG_7778

〇粉瘤の症状〇

・皮下の下に数ミリ~数センチのしこりができ半球体に盛り上がる

・しこりの中央に黒点があり、時折臭い(悪臭)がする

・赤みを帯びて(発赤)、圧痛を生じる

IMG_7785

〇治療〇

通常は経過観察ですが、化膿をたびたび繰り返す場合や、部位的に問題となる場合は、外科的切除術の適応となり、袋ごと摘出します。

〇炎症性粉瘤〇

粉瘤は化膿して腫れることがあり、化膿した場合を炎症性粉瘤といいます。必要に応じて切開、排膿、袋の中の洗浄、抗生剤の内服を行います。

 

ご相談や、気になることがありましたら受診しましょう。

2018年2月2日

シミ治療②

☆今回は当院でおこなっているシミ治療法を案内いたします☆

塗るお薬(外用薬)

〇トレチノイン(ビタミンA誘導体)クリーム〇

皮膚のターンオーバーを促し表皮の細胞を増殖させます。その結果メラニン色素をもった表皮の細胞が上へ押し上げられて排出されます。

〇ハイドロキノン〇

ハイドロキノンはシミに効果的な美白剤。メラニン色素を合成する酵素であるチロシナーゼの働きを弱め、メラニン色素の産生を抑制する効果があります。

〇ビタミンCローション〇

メラニン色素を合成する酵素であるチロシナーゼの働きを弱め、さらに出来てしまったメラニン色素も薄くする効果があります。

〇サンスクリーン剤〇

日焼け止めです。紫外線から皮膚を守って日焼けや老化を防ぐためのものです。

〇ケミカルピーリング(当院にて施術します)〇

サリチル酸マクロゴールという薬品をお肌に塗布し、古くなった角質表皮を取り去る治療です。角質層がはがれることによって新しい皮膚の再生が促されます。

th

飲み薬(内服薬)

〇トラネキサム酸〇

メラノサイト活性因子(プラスミン)を阻害し、メラニン色素の産生合成を抑制抗炎症作により肝斑を改善してくれます。

〇ビタミンE〇

メラニン色素を合成する酵素であるチロシナーゼの働きを弱めます、また毛細血管を拡張して血流を改善しターンオーバーを促します。

〇ビタミンC〇

メラニン色素を合成する酵素であるチロシナーゼの働きを弱め、さらに出来てしまったメラニン色素も薄くする効果があります。

以上3つの飲み薬はセットでご購入頂いています。

シミ治療は正しい診断と治療が大切です。お一人で悩まずにぜひ一度ご相談下さい。

自費診察になりますのでご了承ください。

 

 

 

2018年1月31日

シミ治療について①

なぜシミが出来てしまうのでしょうか?

表皮の一番底部分にいる、メラノサイト(色素細胞)という細胞が、メラニンを作っています。本来、紫外線刺激から皮膚を守るために生み出されるメラニン色素は皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)とともに表皮に押し上げられ、やがて角質とともにはがれ落ちます。ところが加齢で新陳代謝が衰えてしまった皮膚はメラニン色素を排出できずシミとなります。日頃お手入れやメイクの摩擦や炎症あとの色素沈着も、シミの原因となります。

一概にシミといっても・・・

シミにはいくつか種類があり、原因やそれぞれの形状、出る場所、治療法も異なります。以下に代表的なシミの種類をご紹介します。

th3R6OHNR2

〇老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)〇

シミの6割を占めます。紫外線を浴び続けたことや老化によって現れてくるシミです。若いころから日焼けした人に出来やすく、20代から現れる方もいます。特に30代から40代以降に多く見られほお骨の高いところや鼻、額、コメカミに発生しやすいです。また顔以外にも手、前腕、背などの露出部に多く、シミの境界がはっきりしています。

〇肝斑(かんぱん)〇

額やほほ、鼻、鼻下、口周りに左右対称にできる境界鮮明な淡いシミです。よくできる部位は日焼けを起こす部位に一致します。思春期以降30歳前後に多く、女性ホルモンが関係しているとみられ、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなるとも言われています。

〇雀卵斑(じゃくらんはん)〇

通称「そばかす」と言われるシミで、小さな斑点が顔の中央部に分布します。多くは遺伝的なことが要因と考えられており、3歳くらいから始まり思春期には最も目立ちます。形は整っておらず、紫外線の影響で濃くなったり数が増えることもあります。

〇炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

かぶれ、やけど、にきびなど、皮膚に炎症を起こしたところにできるシミです。年齢、性別、部位に関係なくできます。

次回は当院で行っている治療をご紹介致します。

2018年1月25日

アトピー性皮膚炎と上手に付き合うために

日常生活に支障をきたず、薬をあまり必要としないためには、アトピー性皮膚炎を悪化させにくい環境を整えることが大切です。

〇身の回りの清潔を保つ〇

アトピー性皮膚炎を悪化させないためには、何よりも皮膚を清潔に保ち、保湿を心がけることが大切です。また、皮膚を傷つけないためにも、爪は伸ばさないようにしましょう。

〇紫外線対策をしっかり行う〇

アトピー肌は紫外線の刺激に弱いため、外出されるときは低刺激の日焼け止めクリームを塗ったり、肌の露出を控えましょう。

〇栄養バランスの取れた食事〇

皮膚の材料となるタンパク質や、皮膚の新陳代謝をスムーズにするビタミン・ミネラルを意識し、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

 

簡単なように見えますが意識してみると出来ていないことが多いです。症状が悪化して、お薬が必要になる前に生活習慣を改善してみましょう!!炎症や、かゆみがある場合はお早めにご相談くださいませ。

2018年1月24日

アトピー性皮膚炎の治療で使われるお薬について

アトピー性皮膚炎を発症した肌は炎症によってバリア機能が低下しています。繰り返し掻きむしることにより湿疹は悪化するなどの悪循環に陥ることがあります。薬物療法は主に炎症を抑えたり、かゆみを軽減することにより症状を改善するために行われます。

〇外用薬〇

炎症を抑えるために多く用いられるのはステロイド外用剤(抗炎症作用)とタクロリムス軟膏(免疫抑制作用)です。その他の外用薬として非ステロイド系消炎外用薬もありますが、抗炎症作用の弱さから、あまり適応されません。

〇内服薬〇

抗ヒスタミン薬やシクロスポリン、ステロイド内服薬、漢方療法などがあり、症状にあわせて併用する場合があります。

daaef8d5

次回はアトピー性皮膚炎と上手に付き合うために出来ることをお伝えします(*^^*)

2018年1月23日

アトピー性皮膚炎の治療について

アトピー性皮膚炎は遺伝的な素因も含んでいるなど、まだまだ分かっていないことの多い疾患です。現在、病気そのものの治し方は確立されていません。そのため日本皮膚科学会では、アトピー治療で目標を以下のように設定しています。

・症状はないか、あっても軽く、日常生活に支障を来たさず、薬をあまり必要としない

・軽度の症状は続くことはあっても、悪化して慢性化することは稀な状態であること

このように治療の目的は、症状を上手にコントロールし、日常生活に差し支えない状態に維持することです。そのため症状があるときは薬でおさえ、日頃のスキンケアをしっかり行い、症状が悪化しそうな原因を取り除いていくことが大切です。

1474564286153

アトピー性皮膚炎の原因についてはコチラ

 

2018年1月22日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。