手のあかぎれについて②

○あかぎれになったら

あかぎれの対策には皮膚の保湿と血行促進が重要です。肌を保湿・保護する成分の入ったクリームを取り入れましょう。また、水仕事をした後にそのまま手を乾かしてしまうと手の水分が蒸発しあかぎれになりやすくなります。乾燥を防ぐためにも水仕事の後はしっかりと水分を拭き取ることが大切です。

ただし、長期間治らなかったり再発を繰り返す等、症状が重症化しているときは専門医により適切な治療を受けましょう。炎症を抑える成分の入った薬等で症状を緩和させることができます。

 

 

○当院でお取り扱いの保湿クリーム

当院では冬の乾燥対策にお使いいただける、グラファ・モイスチュアキープミルク【130g¥2.160(税込)】をお取り扱いしております。ヒアルロン酸の1.7倍の保湿力を持つ独自成分により長時間潤いを持続させます。全身にお使いいただけますが、ハンドクリームとしても活用できますので気になる方は一度スタッフまでお声掛けください♪

 

223180_xl

 

 

2021年1月8日

手のあかぎれについて①

○あかぎれとは?

あかぎれは、皮膚のひび割れが悪化して腫れたり亀裂が生じる病気で、悪化すると痛みや出血の症状が現れることがあります。

冬になり気温が下がると皮脂や汗の分泌が低下し、皮膚の表面から水分が失われて乾燥しやすくなります。このときに水仕事が多かったり、寒さにさらされると皮膚の表面の皮脂が奪われ、さらに乾燥が進んでひびやあかぎれを引き起こします。

 

 

○しもやけとの違い

しもやけはあかぎれと同様に冬によくみられる皮膚疾患で、原因は気温の変化による血行障害です。元々血行が悪い人は出来やすく、毎年繰り返すこともあります。
患部を触ると冷たく、お湯につけるとかゆみが強くなるのが特徴で、主な症状は皮膚の赤い腫れ・かゆみ・水ぶくれなどがあります。

しもやけもあかぎれも腫れや痛みがありますが、しもやけはかゆみがあり、あかぎれはひび割れがあるのが特徴です。

 

teare_woman

 

 

2020年12月18日

粉瘤について③

粉瘤を完治するためには皮下にできた袋ごと内容物を除去する必要があり、内服薬や塗り薬で完治することはできません。炎症がひどい場合や切開した後は傷口から細菌が入り感染を防ぐために、抗生剤や抗炎症作用のある薬や痛み止めを処方されることがあります。

 

当院では、9月より毎月第4土曜日に手術日を設けさせていただきます

粉瘤の他にも、ほくろ・線維腫・脂肪腫など摘出術を、形成外科の医師が担当いたします。

手術は事前に診察を受けて頂いた方のみの予約制となっております。

 

〇手術までの流れ〇

診察

術前の採血(感染症の有無を調べるため)

手術日時の予約

 

<手術日当日>

手術同意書の記入

採血結果のお渡し

手術

 

<術後再診時>

創部確認、病理結果の説明

 

 

相談のみも受け付けております(#^^#)

お困りの症状についてはまずはお気軽にご相談ください。

外科医のイラスト

 

 

2020年12月4日

粉瘤について②

〇炎症性粉瘤〇

粉瘤には小さな穴が開いていて、そこに細菌が入り込むと感染を引き起こしてしまいます。感染し、炎症を起こした粉瘤は炎症性粉瘤と呼ばれ、多くの場合は痛みや熱感、そして赤みなどの症状が伴います膿みを出すため、迅速な排膿手術が必要な場合もあります

 

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、あっという間に2~3倍の大きさになり、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいますまた、粉瘤の袋が周囲と癒着しやすくなり、傷跡が綺麗に消えにくくなってしまいます。さらに、粉瘤は放っておくと年々肥大化します。 今すぐ体に異常を来すということはなくとも、早めに医療機関で治療を受けることをお勧めします。

 

2020年11月20日

粉瘤について①

〇粉瘤(アテローム)とは〇

粉瘤(ふんりゅう)とは、皮下にできる良性腫瘍(できもの・おでき)の1種で、アテロームまたはアテローマとも呼ばれます。皮膚の内側に袋が形成され、垢や皮脂など本来剥がれ落ちるはずだった老廃物がその袋に入りこみ溜まったものです珍しい腫瘍(できもの)ではなく、一般的な皮膚にできる腫瘍で、癌のような悪性のものではありません。

 

〇粉瘤(アテローム)の症状〇

初期の症状では、皮膚の下にしこりが見られることにとどまり、皮膚表面上には症状が現れないことが多いため、自覚することが少ないです初めは非常に小さい袋ですが、角質や皮脂は袋の外には出られないため、どんどん溜まっていきますそれに伴い、粉瘤も少しずつ大きくなっていきます。

 

粉瘤は、全身のどこの皮膚にも発症しますが、見た目の変化が乏しいため場所によってはかなり大きくなってから気付くこともあり、ニキビだと思っていたものが長く治らず、次第に大きくなって受診し、粉瘤であることがわかるケースも珍しくありません。

 

 

2020年11月6日

秋の花粉症対策について

今回は花粉症対策についてお話します(*^^*)

①薬を飲む
一番花粉症に対して効果を得られるのは、薬を内服することです!
理想的なのは、花粉が飛び始めるより前に内服を開始することですが、症状が出始めてからの内服も効果はありますので、
花粉症症状が出た方は、早めに皮膚科などの医療機関を受診することがおすすめです。

②マスクやメガネなどを着用し、体内への侵入を防ぐ
マスクやメガネの着用で、花粉を吸い込む量が大幅に減少します。
マスクは顔にぴったりとフィットしたものを着用しましょう。少しでも隙間があると、そこから花粉が入り効果が減少してしまいます。

③うがいや手洗いをしっかりとし、換気や掃除を心がける
体内に侵入してしまった花粉は、うがいや手洗い・洗眼薬などで除去しましょう。

④家の中は加湿器や空気清浄機で空気をきれいに!
空気清浄機は家に舞う花粉を吸いこんでくれますが、それに加えて加湿器も併用するとより効果的です。加湿器は花粉を床に落としてくれるほか、喉や鼻の粘膜を守ってくれます。

以上のような対策をしっかり行い、花粉の時期を乗り越えましょう(^^)/

マスク    内服

2020年10月23日

秋の花粉症について

秋の花粉症についてお話していきます(*^^*)

花粉症と風邪は症状がとてもよく似ており見分けが難しいです。

「のどの違和感がずっと続く」「鼻水が止まらない」という方はもしかすると風邪ではなく花粉症かもしれません。

秋は主に空き地等に繁殖するブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉が多く飛散し、ブタクサは春のスギ花粉と比べると粒子が小さく器官に入って喘息のような症状を起こすこともあります。8月ごろから秋の花粉は飛び始め、9月にピークを迎えて10月ごろまで続きます。
放っておくと悪化してしまう可能性があるので違和感を感じたら早めの対処が必要です。

花粉症の症状をご紹介します。

・一週間以上くしゃみや鼻水が続いている
・くしゃみが止まらないことがある
・透明でさらさらした鼻水が出る
・目の痒みがある
・微熱が続く

以上のような症状がある方は花粉症の可能性があります。
また、当院では採血によるアレルギー検査を実施しております。予約等は必要なく、受付または受診時にお伝えいただければその日に検査することが可能です。検査項目はオーダーシートの中から最大で13項目お選びいただくことができ、何が原因か分からない場合にはアレルギー頻度の高い項目をまとめたセットもあります。

症状が出たら、早めに皮膚科をご受診ください。

花粉症イラスト

2020年10月9日

日焼けについて③

日焼け止めを塗っていても日焼けしてしまう原因についてお話します。

 

日焼け止めが十分に塗れていない

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも、意外と塗り忘れがあったりするもの。洋服と肌の境目も要注意ポイントです。十分に日焼け止めが塗られていない肌は、無防備な状態で紫外線にさらされるので、あっという間に日焼けしてしまいます。

 

日焼け止めの用途があっていない

日焼け止めにはSPFPAの表記によって紫外線から肌を守る強さや時間が変わります。一般的には数値や+の数が多いほど日焼けに高い効果が期待できます。

短時間の外出ならSPF2030あれば十分ですが、日常レベルの日焼け止めで屋外でのスポーツをしたり、海やキャンプに行けば、ひどい火傷レベルの日焼けをしてしまうこともあるのです。

 

日焼け止めの塗り直しをしない

日焼け止めの紫外線に期待できる効果には限りがあります。汗で流れやすかったりもするので、1度塗ったから安心というわけにはいきません。

使用している日焼け止めの表記を参考にこまめに塗り直しをすることが大切なので、塗り直しを怠ると、日焼けしやすくなってしまいます。

 

しっかりと日焼け対策をしながら、夏の晴れ間を楽しみましょう(^^)/

日焼けグッズ日焼け止め

2020年9月25日

日焼けについて②

日焼けの原因は、紫外線です。
紫外線はUVAとUVB、UVCの3種類に分けられ、オゾン層を通過する際に大気によって取り除かれるUVCを除いたUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類が日焼けの原因となります。その中でも特にUVBの作用によって、日焼けが引き起こされます。

UV図

UVBが皮膚にあたることで、皮膚の中の基底層ではメラニン細胞がメラニン色素を作り出します。メラニン色素が表皮細胞に増えていき、肌が変色するまでに時間のズレがあります。これは新陳代謝によってメラニン色素が基底層から角質層に浸透するまでに時間がかかるためです。ちなみに、UVBの量は夏に多く冬に少ないですが、UVAの量は1年を通じてあまり変化がありません。また、UVAはUVBに比べて雲や窓ガラスを通り抜けやすいので、室内でも予防が必要と言われています。

 

紫外線は波長によりその影響度は違いますが、身体にとって良い面と悪い面を併せ持っています。しかし、圧倒的に悪い面の方が多いと考えられます。

紫外線の功罪
良い面 悪い面
  • ビタミンD生合成
  • 光線治療
    乾癬、アトピ-性皮膚炎など
急性傷害
サンバーン、サンタン
免疫抑制
慢性傷害
光老化:シミ、しわ、良性腫瘍
光発癌
光線過敏症
2020年9月11日

日焼けについて①

だんだんと日差しが強くなってきましたね。

今回は日焼けについてお話いたします。

 

日本語の「日焼け」という言葉は紫外線により皮膚が赤くなる「サンバーン」と、その後黒くなる「サンタン」を含めて使われていますが、サンバーンは紫外線による皮膚のヤケド、サンタンはその結果おこるメラニン増加です。
  
サンバーン
サンバーンの主な原因は、紫外線B波(UVB)です。

UVBを防ぐためには、SPFSun Protection Factor)値の高い日焼け止めを選ぶ必要があります。サンバーンはシミやたるみの原因となるだけではなく、皮膚がんの原因ともなります。

色白の人は体質的にサンバーンを起こしやすいと言われているので、注意しましょう。

紫外線を浴びて26時間経過すると、皮膚が赤くなり、その後痛みが現れます。メラニン色素の防衛反応に対し、紫外線の量が多くなると、細胞組織が損傷することによって、発熱や水疱、痛みが発生します。

 

サンタン
サンタンは紫外線A波(UVA)が原因で生じます。

UVAを防ぐためには、PAProtection Factor of UVA)値の高い日焼け止めを選ぶと良いでしょう。ちなみに、サンタンでは痛みが生じることはほとんどありません。

しかし、UVAが皮膚の奥まで届いてコラーゲンなどを破壊するので、シワなどの原因になることが知られています。

紫外線を浴びてから38日後に皮膚が浅黒く変色し、その後皮膚の剥離が始まります。

 

 

日焼けのレベルは3段階(軽度、中度、重度)に分かれ、痛みやむくみなどを伴います。日焼けは症状の面積が広いため、熱傷深度が軽くても、吐き気や発熱などの症状が起こり、身体が衰弱して入院の必要に迫られる場合があります。

重度の日焼けをしたと感じたら、早い段階で(なるべく3日以内に)皮膚科の診察をお勧めします。日焼けは火傷と同じなので、ただの日焼けだと放置せずご相談ください。

日焼け

2020年8月28日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。