花粉症対策はお早めに②

花粉症は、スギなどの植物の花粉で起こるアレルギー疾患です。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといった鼻の症状や、目のかゆみ、充血といった目の症状などを引き起こします。
原因植物は多岐にわたりますが、トップはスギで、花粉症全体の約7割を占めると推察されています。


このため、多くの人はスギ花粉の飛散量が多い
2月から5月にかけて、つらい症状に悩まされます。
また、この時期は、近年増加傾向にあるヒノキ花粉にも注意が必要です。


2022年は2021年の春より多くなる見込みですが、過去10年の平均花粉数を比較すると、ほぼ同じか、やや多くなる見込みです。
ヒノキ花粉も21年春より多くなるために花粉の飛散期間が長くなる見込みです。

花粉症の原因となる花粉は空気中に含まれているため、花粉症の症状を予防し、悪化を防ぐには、日常生活で花粉をできるだけ避けることが大切です。

日常のセルフケアだけでは十分に抑えることが難しい花粉による鼻炎症状も、本格的に花粉が飛び始める前に抗アレルギー薬を内服すると、飛散量が多い時期のつらい鼻炎症状を緩和してくれます。花粉による鼻のムズムズを感じたら、早めの受診で対処しましょう。

スギ花粉のイラスト

●当院でのアレルギー検査
当院では採血によるアレルギー検査を実施しております。
予約等は必要なく、受付または受診時にお伝えいただければその日に検査することが可能です。
検査項目はオーダーシートの中から最大で13項目お選びいただくことができ、何が原因か分からない場合にはアレルギー頻度の高い項目をまとめたセットもあります。
原因が漠然としている場合にアレルギーの有無を個別に特定し、予防に繋げることが出来ます。 検査結果は1週間前後で出るのでその頃にもう一度受診していただき、医師から結果をお伝えいたします。

2022年2月11日

花粉症対策はお早めに①

段々と日が延びてくるのを感じられるようになってきましたね。

毎年この時期になると気になってくるのが、花粉の飛散情報です。

2022年のスギ花粉の飛散開始は、九州から東北まで例年並みとなるでしょう。
2月上旬に九州や四国、中国、東海、関東の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。


冬らしい寒さにより休眠打破が順調に行われて、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しです。


スギ花粉は、飛散開始と認められる前からわずかな量が飛び始めます。
東京都では2月上旬に飛散開始が予測されるため、早めに花粉対策を始めるとよいでしょう。

スギ花粉のライフサイクル

スギ花粉のライフサイクル
 スギ花粉は1年間を通じて、生長・形成・開花を経て、花粉を飛散します。飛散した花粉からまた生長が始まります。

『日本気象協会より抜粋』

2022年2月4日

マスク着用に関する皮膚症状について②

今回は皮膚症状の予防とマスク着用のポイントを紹介したいと思います。
コロナウイルス感染症の長期化とともにマスク着用期間も長くなってきています。
感染症予防にはマスクは欠かせないものですが、皮膚症状を予防した上でできるだけ快適に過ごすことが大切です。

①マスクはTPOを考慮して着用する

マスク着脱を繰り返すことによる乾燥や皮膚バリア機能の低下を防ぐため、外出を減らすことなどでマスクをしない時間を作る、室内に一人でいる場合はマスクを外して過ごすのも良いでしょう。人との距離なども考慮しながら、マスク着用について判断しましょう。
マスクの種類もさまざまあり、主にサージカルマスク(不織布)、布マスク、ウレタンマスクなどがあります。
時や場所などの環境に応じて選択して使用しましょう。
ウレタンマスクについては、原料となるイソシアネートによるアレルギー反応が生じる可能性があるため、注意しましょう。

②使い捨てマスクは毎回交換し、再使用可能なマスクは毎回洗濯する。

マスクに付着した皮脂や汗、化粧品や日焼け止めなどが接触皮膚炎の原因となる可能性もあるため、使い捨てマスクは再使用せず、1日使用したら交換しましょう。
再使用可能なマスクの場合は、マスクについて汚れをしっかり洗い落とすことだけでなく、洗剤や石鹸などのすすぎの残しのないように注意しましょう。

③汗をかいたら、拭き取るか洗い流して汗を残さない。

汗は接触性皮膚炎を引き起こす可能性があるだけでなく、アトピー性皮膚炎の増悪にも関わっています。
汗をかいたら、タオルなどでできるだけ早めに拭き取るか、洗い流して皮膚に残さないようにしましょう。

④マスク着用時には、マスクの下の化粧を薄めにするか、控える。

マスクで覆うことで、化粧品や日焼け止めによる接触性皮膚炎が生じやすくなる可能性があります。
マスクを着用する際は、化粧や日焼け止めを薄めにするなど、できるだけ皮膚炎のリスクを取り除くようにしましょう。

⑤マスク着用によるかゆみはできるだけ早く対処する。

かゆみ予防のためには、マスク着脱による刺激の軽減や抗原となる物質との接触を回避することが大切です。
また生じてしまったかゆみの軽減や掻き壊しの予防には、抗ヒスタミン薬の内服を検討します。

ソース画像を表示

 

2022年1月28日

マスク着用に関する皮膚症状について①

新型コロナウイルス感染症に対する感染予防の一環として、マスクを着用する生活様式が続いています。
こうした状況を背景に、マスクが接触する顔面に皮膚症状やかゆみが生じるケースやアトピー性皮膚炎・ニキビ(尋常性ざ瘡)などの症状が増悪するケースが増えています。特にフェイスマスクに関する皮膚反応としてざ瘡、顔面の発疹、かゆみ症状、耳の後ろの発疹の順で多く報告されています。

 

湿疹・皮膚炎

〇発症・増悪のメカニズム
マスクの着脱の繰り返しにより乾燥した皮膚、バリア機能が低下した皮膚では、普段使用している化粧品や日焼け止めにより接触性皮膚炎をおこす可能性がある。
また、それらや汗による刺激でアトピー性皮膚炎の増悪が見られることもある。

〇治療
接触性皮膚炎が疑われる場合には、まずは原因物質の回避に努めます。
皮膚症状に対してはステロイド外用薬、かゆみ症状に対しては抗ヒスタミン薬が処方されることがあります。

 

ニキビ

〇発症・増悪のメカニズム
マスク着用による閉鎖環境において、汗や皮脂、細菌が閉じ込められていることによるざ瘡の発症増悪に繋がることがある。

〇治療
抗生物質の外用薬やアダパレン、過酸化ベンゾイル(BPO)などの外用の併用を行います。

 

2022年1月21日

手湿疹について ②

本日は手湿疹の治療についてお話していきます。

症状の程度に見合ったステロイド剤が処方されます。また、症状によっては、抗ヒスタミン剤の飲み薬も飲みます。

治療期間も個人、症状によって異なります。

きちんと保湿剤を塗って手入れをする、刺激物にはなるべく触れないようにするなど、日常生活のなかで手の保護を怠らないようにすることが大切です。

基本は、「水仕事は素手でなく、手袋をはめて行う」、「皮膚が乾燥しないようにワセリンなどの保湿剤でこまめに皮膚を保護する」といったことで、症状の原因となっている物質から皮膚を守ることです。

また、夜は、保湿剤を塗り、木綿の手袋をして休むのも一つの方法です。

症状や使った薬、手入れ方法の違いによって、その後の経過は変わります。

患者さんに合った治療法をお伝えしますので、少しでも手湿疹が気になる方は皮膚科をご受診ください。

 

virus_hand_clean (1)

2022年1月14日

手湿疹について①

今日は手湿疹についてお話していきます。

手湿疹とは、手のひらや手の甲、指に赤みのある腫れや水ぶくれ、かゆみ、ひび割れといった症状がみられるもので、症状は丸いかたちで現れたり、ぶつぶつとした発疹であったり、広範囲に広がったりと多様です。

様々な原因で手湿疹は起こります。

手のひらの皮膚表面の角質が厚くなることで、ぼろぼろはがれるような状態で、ひび割れができることもあります。同じような症状が足の裏にもみられることが多いです。原因は不明なことが多く、中年以降の男性によくみられます。

急に水仕事が増えた場合のほか、ピアニストや、キーボードを多用し、物理的に指先を酷使する職業の人も手湿疹になりやすいです。指の腹や手のひらの乾燥、ひび割れ、指紋消失などの症状が現れます。また、手のひらと足の裏に直径2~5mmの小さな水ぶくれが発生し(汗疱)、それがさらに何らかの刺激により手の甲や指側にも拡大し、かゆみを伴う湿疹状態になることもあります。通常、原因を回避できれば、自然に治ることもあります

皮膚のバリア機能が低下することで起こる手湿疹の特徴は手のひらや指全体の乾燥と亀裂で、水ぶくれはできません。冬場に症状が悪化することが多いです。

次は治療法についてお話していきます。

ソース画像を表示ソース画像を表示

2022年1月7日

タコと魚の目の違い

今回は魚の目タコについてご紹介します。
どちらも皮膚が硬くなった状態の疾患ですが、症状には違いがあります。

 

魚の目(鶏眼 けいがん)
皮膚の角質層が硬くなった膨らみの中央に、さらに硬い芯を持ちます
この芯は、皮膚内部に向かってV字形に入り込むため、軽く触れたり歩くと強い痛みが生じることがあります。
また、ウイルス性のイボ(尋常性疣贅)との見分けがつきにくいのも特徴です。
放置していたらどんどん増えてしまった、というケースも多いため注意が必要です。

 

タコ(胼胝 べんち)
魚の目と同様に皮膚が硬くなりますが、患部が黄色味を帯びて盛り上がった状態になり、芯はなく痛みも伴いません
靴と擦れやすい親指や小指、体重のかかる足の裏などに多くみられますが、「ペンだこ」や「座りダコ」など体のさまざまな場所にできます。

 

〇原因
足の変形合わない靴歩き方の癖によって、特定の場所に圧迫や摩擦を受けるのが主な原因です。

〇治療法

角質を柔らかくする塗り薬の処方や、特殊な器具を用いて芯や角質を除去します。
1回の来院で完治する事もありますが、大きく深さがある場合は何度か繰り返し治療を行う為2週~4週に一度のペースで通院していただきます。

 

芯は見た目以上に深く入り込んでいます。
そのため、市販のスピール膏を使用したり、自身でカッターや爪切りを使って取り除くのは非常に難しいです。
また削り過ぎると、正常な皮膚を傷つけ細菌感染を引き起こすこともあります。

 

歩き方やサイズの合った靴に変えることで軽快する場合もありますので、まずは患部の状態を確認する為にもお早めにご相談ください。

 

 

2021年12月24日

コインのような湿疹について②

今回は前回に引き続き貨幣状湿疹の症状や治療法についてお話します。

症状

円形の発疹は、かゆみを伴う斑状の吹き出物や水疱として生じ、これが後にじくじくしてきて、かさぶたができます。発疹は広範囲に生じることもあります。発疹は腕や脚の後面、殿部で明らかにみられることがよくありますが、体幹にもできます。古い発疹が治癒した場所に新たな発疹が現れる傾向があります。

治療法

・症状に応じてステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬の内服薬を用いた治療を行います。

・保湿や皮膚を掻き壊さないことも重要となります。

痒い

2021年12月10日

吸収率を高めたビタミンCサプリメントを導入致します

ビタミンCはサプリメントで補給しても吸収されにくく、多くが体外に排出されてしまうという特徴があります。
さらに摂取量が増えれば増えるほど、反して吸収量が減ってしまうのです。そこで当院では吸収率を高めたリポカプセルビタミンCを導入いたします。

[Lypo-Cとは]
Lypo-C(リポ・カプセル ビタミンC)は、吸収率にこだわった国内製造のリポソーム化された液状のビタミンCサプリメントです。
ビタミンCは美容や健康を維持する為には不可欠な栄養素です。そんな優れた栄養素であるビタミンCは、体外へ排出されやすい特徴を持っているため、摂取量より「吸収・浸透量」が大切と言われています。
 Lypo-Cは、ビタミンCの吸収率にこだわり、ビタミンCを“リポソーム化”することで、体内利用効率を高めることを目指して開発されました。
リポカプセルビタミンCは、リポソーム化されているため体内利用率98高い吸収率が期待できます

ビタミン Cの特徴とは?

ビタミンCは、体の中の様々な働きに関わっている栄養素です。
美容や健康のコンディションを維持する上で不可欠です。
しかし人間はビタミンCを生成できません。
それでいてビタミンCは、多忙な日々を送っていたり、乱れた生活習慣や食習慣によって通常より消費されてしまうことがわかっています。
ストレスが多い方は、そうでない方と比べて8倍ものビタミンCを消費しているとも言われています。
ビタミンCの消費が多くなる習慣がある人はもちろん、そうでない人も、こまめにビタミンCを補給することが必要です。

■リポカプセルビタミンCの期待できる効果は?

〇疲労回復
〇美白効果
〇抗酸化作用
〇コラーゲンの生成促進
〇免疫力アップ
〇ニキビ・肌荒れ予防
〇貧血改善・貧血予防
など、たくさんの効果がありさまざまな方にオススメです。

・薄毛の方
・アルコールをよく飲まれる方
・喫煙している方
・ストレスが多い方
・疲労がたまっている方
・ニキビができやすい方
・美肌を目指したい方
は、ぜひお試し頂きたいです。

飲み方は?
まずは1日3包でお試しいただき効果を実感頂きたいです。その後はライフスタイルに合わせて1日1~3包で調整ください。
飲む時間はいつでも大丈夫ですが、リポソームの特性上、より効果的なのは空腹時です。
ハードな予定のある日は早朝に、紫外線への備えには外出前に、疲れや不調を感じた日は夜に、と体調に合わせてお飲みください。

1箱(30包入り)¥7,700  2箱¥15,000  3箱¥21,000

ぜひお気軽にスタッフまでご相談ください。

2021年12月1日

コインのような湿疹について①

秋から冬にかけてだんだんと乾燥の時期になってきました。

今回は乾燥が原因の一つと考えられている貨幣状湿疹についてお話します。

貨幣状湿疹は、通常はかゆみを伴って長期間持続する発疹と炎症が生じる病気で、しばしば小水疱、かさぶた、鱗屑(うろこ状のくず)を伴うコイン状の発疹を特徴とします。

原因は明らかになっていませんが中年以降の成人に発症することが多く、皮膚の乾燥とともに現れ、冬に最もよくみられます。

悪化すると全身性に散布疹が拡大することがあるため早めの治療が重要です。

コイン

2021年11月26日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:30 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:00 診療 診療 診療 診療

※平日の最終受付終了時間は17時45分です。
※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※水曜、祝日休診(6/1から水曜も休診になりました。)

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。