しもやけ

日照時間が徐々に少なくなり肌寒い日が多くなりました。

本日は冬に多い凍瘡についてお話したいと思います。

○どうして「しもやけ」になってしまうの?○

「しもやけ」は医療用語で凍瘡といいます。冬期間に気温が4~5度で一日の気温の差が10度以上になると、しもやけを起こしやすくなると言われています。冷たい外気にさらされた後、血行の悪くなりやすい場所、手足の指先耳たぶなどに症状が出ます。皮膚が赤く腫れあがり、ひどい時には水ぶくれを起こすこともあります。かゆみを伴い、入浴などによりかゆみが強くなることも特徴です。子供に多い病気ですが、女性では大人になっても繰り返す人もいます。

しもやけの原因は、もちろん冷たい空気に曝されることですが、同じように寒気に当たっても、しもやけを起こしやすい人と起こしにくい人がいることが知られています。つまり、冷気に曝された後の血流の障害の程度とそこからの回復には遺伝的な要素などがあり、しもやけになりやすい体質の人と、なりにくい体質の人がいると考えられています。

○どのような治療をするの?○

しもやけの治療には、ビタミンEの塗り薬が使われます。症状が強い場合や、広範囲にわたる場合、毎冬のようにしもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効です。しかし、しもやけの場合には予防が最も重要です。

○予防は方法は?○

 しもやけになりやすい人は、冬に外出する時には、手袋マスク耳当て帽子などの防寒具でしっかりと冷気を避けるように気をつけて下さい

 

しもやけに関して、一つ注意しておきたいことがあります。若い女性に多いエリテマトーデスという病気があり、しもやけと良く似た皮膚症状を示すことがあります。エリテマトーデスは、皮膚症状の他にも様々な内臓の症状を伴うことがあり、皮膚症状のみではしもやけとの区別が難しい場合もあります。血液検査などで詳しく調べることによってはっきりとしますので、しもやけを何度も繰り返したり、しもやけの症状が強い人は、一度皮膚科を受診して検査を受けることをお勧めします

2018年12月3日

掌蹠膿疱症⑤

今回で掌蹠膿疱症については最後の内容になります。

前回に引き続き掌蹠膿疱症のQ&Aについてご紹介します。

 

Q4.皮膚以外に出る影響はありますか?

A.皮膚以外に、鎖骨を中心に骨や関節などが痛くなる方もいらっしゃいます。

 

Q5.水虫と似た症状が出るのですが水虫とは違うのですか?

A.掌蹠膿疱症と水虫はしばしば似た症状を示しますが、全く異なる病気です。したがって治療方法も異なりますので自己判断でお薬を使ったりせず、一度ご受診してください。当院でも掌蹠膿疱症、水虫のそれぞれの治療をしております。水虫は皮膚表面の角層を一部取り、顕微鏡で調べて、水虫を起こすカビ(白癬菌)がいるか23分程度の検査で診断できますのでお気軽にご来院ください。

 

患者さんによっては記事に載っている内容以外にも症状があったり、すべての症状はないが掌蹠膿疱症と診断され治療されている方もいらしゃると思います。ネットで掌蹠膿疱症について検索すると、非常に多くのサイトに色々な内容の情報が記載されていますが、その中には根拠のない間違った情報も存在しています。ネットの情報だけを頼りにしてしまうと治療に時間がかかったり逆効果になり症状を悪化させてしまう可能性もあるためお近くの皮膚科を受診されるとよいでしょう。

気になった方は当院までご来院ください♪

 

 

2018年11月30日

掌蹠膿疱症④

今回は掌蹠膿疱症の日常生活で気を付けること、Q&Aについてご紹介します。

 

 

日常生活で気を付けること

 

・禁煙をする掌蹠膿疱症の患者さんには喫煙者が多いことから、掌蹠膿疱症と喫煙は何らかの関係があると考えられています。健康のためにも禁煙しましょう。

・うがいを心がける…掌蹠膿疱症はかぜや扁桃炎がきっかけとなって発症することがあります。かぜなどをひかないよう日頃からうがいをするようにしましょう。

 

 

 

Q&A

 

Q1.掌蹠膿疱症は治るのか?

A.患者さんによって異なりますが、多くは平均3~7年で軽快すると言われています。早く治すためにはしっかりと治療を行うことが大切です。

 

Q2.膿疱の中に菌はいますか?

A.掌蹠膿疱症の膿疱は、無菌性膿疱と呼ばれており、その中に菌はいません。したがって、手足から体のほかの部位に感染することはありません。しかし、膿疱の中身を出そうとして針や爪楊枝でつくと、二次的に細菌が増え、腫れて痛くなることがありますので、注意して下さい。

 

Q3.何歳ぐらいで発症することが多いですか?

A.統計によると、掌蹠膿疱症は4050歳代に発症のピークがありますが、2030歳代に発症することも多いです。

 

次回も引き続きQ&Aについての内容になります。掌蹠膿疱症にご興味を持たれた方や、現れている症状が掌蹠膿疱症なのではないかと気になる方はお気軽に世田谷駅前皮フ科にご来院ください。世田谷駅直結で平日であれば5分程でご案内できます。(土日や処置などで混みあっている場合は15分前後でのご案内になります。)

 

 

2018年11月26日

掌蹠膿疱症③

今回は掌蹠膿疱症の治療法についてご紹介します。

 

治療法

1.薬剤による治療…外用療法を中心に行います。外用療法であまり効果がない時などに内服治療を行います。(下記参照)

 

 外用療法(塗り薬) ビタミンD₃外用薬 皮膚が形成される過程の異常を正常にする薬です。また、膿疱や水疱を抑える効果もあります。
ステロイド外用薬 主に炎症を抑える薬です。
サリチル酸ワセリン  硬くなった皮膚を柔らかくするための薬です。
 内服療法(飲み薬) 抗生剤 主に病巣感染を治すための薬です。
ビタミンA誘導体 皮膚が形成される過程の異常を正常にする薬です。
非ステロイド系抗炎症薬 主に炎症を抑える薬です。
抗アレルギー薬 かゆみを抑える薬です。

 

2.紫外線による治療

・PUVA(プーバ)療法…光に対する感受性を高める薬を塗った後に波長の長い紫外線(UVA)を照射します。

・ナローバンドUVB療法…中波長紫外線(UVB)の中でも治療効果の高い狭い領域の波長を照射します。

・エキシマランプ…特定の領域のUVBで、狭い範囲に照射するのに適しています。

 

3.その他の治療

・病巣感染の治療…明らかな扁桃炎の関与が疑われた場合、扁桃腺を摘出することで、掌蹠膿疱症が良くなることがあります。また、虫歯、中耳炎などが原因になっている場合には、それらの治療を行うことで掌蹠膿疱症が軽快することがあります。

・歯科金属の除去…金属アレルギーのある患者さんでは歯科金属などが掌蹠膿疱症の原因になっていることがあるため、歯科金属などを除去する方法もあります。

次回は日常生活で気を付けることについてご紹介します。

2018年11月19日

掌蹠膿疱症②

次回に引き続き掌蹠膿疱症についてご紹介します。

今回は症状の変化、症状が出る部位、原因、予後の順番でご説明します☆

 

症状の変化

まず透明な小水疱や黄色い小膿疱ができます。これが次第に茶色くにごり、かさぶたになります。最終的にそのかさぶたが剥がれ落ちます。この過程で紅斑が現れ、炎症反応もみられます。古い膿疱がなくなるとともに、新しい膿疱が現れ、これが繰り返されます。

 

症状が出る部位

手のひら…手のひらの中央、母指球、小指球などにみられます。

…土踏まず、かかと、足の縁などにみられます。

その他…まれに、手のひらや足の裏以外になどにもみられることがあります。

 

原因

扁桃炎、虫歯、副鼻腔炎、中耳炎などの病巣感染や、歯科金属などの金属アレルギーが関係していることもありますが、はっきりとした原因は現在のところ分かっていません。

 

 

予後

患者さんによって異なりますが、多くは平均37で軽快すると言われています。

 

次回は治療法についてご紹介します。これまでの説明で興味を持たれ方や疑問に感じた方がいらっしゃると思います。気になった方は当院へご受診ください。

掌蹠膿疱症は水虫の症状と似た部分もありますのでお気軽にお越しください。しっかりと検査を行い、疾患に応じて適切な治療をしていきます♪

 

2018年11月15日

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手や足に小さな水ぶくれや膿ができたことはありませんか?痒みがあって水虫なんじゃないかと思った経験はございませんか?

その症状があらわれている場合、掌蹠膿疱症という疾患の可能性があります。今回は以下の流れに沿って掌蹠膿疱症について、

ご紹介します。

 

・どんな病気?

・症状

・症状の変化

・出現部位

・原因

・予後

・治療法

・日常生活で気を付けること

・Q&A

 

どんな病気?

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱(のうほう)が手のひらや足の裏に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。膿疱とともに紅斑鱗屑(りんせつ)と呼ばれるカサカサしたフケのようなものがあらわれます。かぜや扁桃炎などの上気道炎症状などがきっかけとなって膿疱が出てくることがあります。

 

症状

Ⅰ~5mm程度の大きさのみずぶくれ(小水疱)やうみ(小膿疱)があらわれます。またその周りに炎症反応がみられます。さらに膿疱ができる部位はかゆみを伴う場合があります。頻度は低いですが、爪の変形やにごりがみられる場合があります。

 資料1:掌蹠膿疱症

【社団法人日本皮膚科学会】より参照

 

次回は症状の変化について続けてご紹介します♪

 

 

2018年11月12日

おむつかぶれについて②

●予防法は?

いつも清潔・乾燥した状態をキープできるよう意識して、汚れたおむつを長時間肌に接触させないことが大切です。定期的なおむつ交換を習慣にし、特に下痢やゆるめなうんちの時は、こまめな交換が必須です。また、おむつ替えの時に排泄物が肌に残らないように、おしり拭きシートやぬるま湯を含ませた柔らかな布でやさしく拭き取ってあげましょう。

デリケートな肌にはやさしい質感、吸収力のよいおむつを選ぶことも予防につながります。

 

 

●おむつかぶれの治療方法

軽い症状であれば、清潔・乾燥を意識したケアで改善することが多いので、慌てて薬を塗る前に、実践してみましょう。

予防と同様、ぬるま湯を含ませた柔らかい布、または肌にやさしいおしり拭きでおむつの当たる分を優しく拭いて、しっかり乾燥させます。この時、こすらずにそっとたたくようにすることもポイントです。

うんちなど汚れがひどい時は、汚れをやさしく拭き取った後に、おしりだけシャワーで流したり座浴をさせてあげましょう。その後は完全に乾燥させてから清潔なおむつを付けてあげます。これは、予防としてもおすすめのケアです。

 

上記のケアを行っても症状が改善されず長引いたり、悪化する場合は早めに受診してください。

 

 

illust2806

2018年11月5日

おむつかぶれについて①

10月も半ばになり過ごしやすい日が多くなってきましたが、まだ日中は汗ばむ日もあります。

そんな時に気になるのが赤ちゃんのおむつかぶれです。

 

おむつかぶれとは、おむつを着用していることで通気性が悪くなり、皮膚に炎症がおきた状態を指します。別名、おむつ皮膚炎ともよばれています。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れ、痒みや痛みを伴い悪化するとただれて血がにじむ赤ちゃんもいます。ウエストや太もものまわりの、おむつカバーや紙おむつのギャザーがあたる部分での皮膚炎も、おむつかぶれです。

 

●あせもやアトピー性皮膚炎との違い

炎症がおむつのあたっているところだけに起こっている状態はおむつかぶれの事が多いです。ただ、夏場はおむつの中もあせもができやすく、おむつかぶれかと思ったら実はあせもだったという場合もよくあります。

また、おしりを拭いたり入浴時おむつを脱がせた時などに痛がったり、かゆいと泣き出したりしたらおむつかぶれであるおそれがあります。

 

●おむつかぶれの原因

主な原因はおしっこやうんち等の刺激によるもので、これらの刺激に接触している時間が長い程ダメージが大きくなります。それに加え、おむつの中の汗により蒸れてふやけた肌は更に外部からの刺激を受けやすくなります。また蒸れたおむつの中はカビが繁殖しやすくなるため、おむつかぶれがなかなか治らない場合はカビ菌による合併症を引き起こしている可能性もあります。

 

 

次回はおむつぶれの予防法と治療法についてご説明いたします。

 

 

omutsu-246x200

 

 

2018年11月2日

足の爪の切り方について

手指と同じように足爪を丸く短く切ってしまうと巻き爪になることがあります。

正しい爪の切り方が重要です♪

今回は正しい爪の切り方のポイントについて説明します。

 

・爪は柔らかい状態の時に切りましょう。お風呂上がりの、柔らかい状態の時がおすすめです。

・爪は短くし過ぎない指の先端と同じか、白い部分が1㎜残るくらいが理想です。

・角を四角い形に切り、少し丸めるように整える「スクエアオフカット」が理想的な形です。

少しずつ丁寧に切り、形を整えましょう

・爪は1回で切ろうとせず、右から左、左から右に少しずつ切りましょう。

・先端と角にやすりをかけて、なめらかにしましょう。

・やすりは、往復させずに一方向に動かし、少しずつ削りましょう。

 

ご自分で爪切りをするのが難しいときは、当院でも爪切りを行うことができます。

お気軽にご相談下さい!

tsumekiri

2018年10月29日

陥入爪(かんにゅうそう)について

爪の角がその周囲の皮膚組織に食い込んで、炎症を起こして腫れて赤くなり痛みを伴うようになる病気です。

ときには、爪の先が食い込んだ部分を中心に、出血しやすい肉芽を伴っていることもあります。

親指に起きやすい病気ですが、他の爪にも生じることがあります。

巻き爪は原因が別の病気ですが、陥入爪と巻き爪が合併することもあります。

陥入爪の原因は爪の切り方が不適切なために起こります。爪甲の角を短く切るのが原因です。

陥入爪になると多くの人は、痛みを和らげるために、角をさらに短く切るという方がいますがより悪化してしまうことが多いです。

〇主な原因〇

深爪や、合わない靴を履き続けることによる圧迫が原因のことが多いです。

〇治療方法〇

・抗生剤内服や外用

患部の炎症を抑えます

・テーピング療法

患部の皮膚に強力テープにて固定し、食い込んでいる肉の部分を引っ張ります

・液体窒素による冷凍凝固術

陥入爪に伴う肉芽に対する治療として行います

kid_job_girl_kangoshi

2018年10月25日

診療時間・アクセス

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷4-9-7 MIYABI 1階
東急世田谷線「世田谷駅」徒歩0分

診療のお問い合わせは03-5450-3511。
診療時間・アクセス
診療時間
診療時間
09:30~12:00 診療 診療   診療 診療 診療 診療
14:00~17:00 診療 診療   診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
※土日の診療時間は09:30~12:30です。
※水曜・祝日休診

ニキビ一緒に治そうProject
ページのTOPへ移動します。